十五夜、中秋の名月2014いつ?お月見の目的?簡単お団子レシピ!

  • LINEで送る

毎年、秋の澄んだ星空の元、「今夜の中秋の名月は見られるでしょうか?」

なんてセリフがTVから聞こえる中秋の名月。

 

お月見だ!お団子だ!と盛り上がっているご家庭も多いのではないでしょうか?

でも同時に、「お月見って何だろう?」と疑問に思っている人もいるのでは?

Sponsored link

お月見は平安時代にはもうすでにあった年中行事の一つです。

一説には秋の豊作を願った行事の一つとも伝えられています。

 

今よりも夜が暗闇だった昔、月の明かりで読書ができたと言われている程ですから

さぞかし明るく、美しい月だったのではないでしょうか?

十五夜、中秋の名月2014年はいつ?

では今年の十五夜、中秋の名月は一体いつなのでしょう?

これには暦が大きくかかわってきます。

昔は月の満ち欠けで暦を決めていましたので、「秋」は今でいう7月8月9月のことをさしており、

 中秋の名月は「秋」のちょうど真ん中、つまり8月15日のお月様のことだったのです。

 

現在のカレンダーでは夏真っ盛り!

熱帯夜なんて言葉も出てくるほどの暑さですが、現在は昔の暦を「旧暦」といい、少し季節がずれています。

 よって、大体9月の中旬から10月にかけて「中秋の名月(旧暦の8月15日)」がやってくるのです。

 毎年同じ日にちではないのは、月の満ち欠けが14日から16日と少しずつずれているからなのですが、

 

ところで、中秋の名月は満月だと思っていらっしゃる方って、意外に多いのではないでしょうか?

 実はこれも暦の関係で毎年2、3日満月からずれてしまうのです。

現在の中秋の名月(旧暦の8月15日)が満月であることの方が珍しく、

最近では昨年、2013年が中秋の名月と満月がピッタリと重なった貴重な年となりました。

 

今年の中秋の名月は9月8日で去年よりも少し早目にやってきますよ♪

Sponsored link

お月見の目的とは?

ではお月見の目的とは一体何でしょう?

昔はサトイモやサツマイモの収穫の時期と重なっていましたので、十五夜は豊作を願い、

十三夜は今年の収穫を神に感謝する行事だったようです。

 

また、娯楽の少ない昔はお供え物をして美しい月を観賞するのも1つの楽しみだったのでしょう。

平安時代にも和歌などでお月見の楽しみや美しさを詠った歌が残っています。

 

現代の人たちがお月見をするのはやはり秋の澄んだ空気に映えるお月さまを見ていると

何とも言えないパワーを頂けるような気がするからでしょうか?

 

昔から語り継がれた風習を何となく続けている・・・という方もいるかもしれません。

そんな人も一度、中秋の名月をじっくりと楽しんでみて下さい。

 

心の奥底まで見透かされそうな白く青く美しいお月さまを眺めていると願い事を叶えてくれそうなそんな不思議な気持ちにきっとなりますよ。

簡単お団子レシピ!

さて、お月見に欠かせないのがお月見団子♪

正式には他にススキや収穫をしたお野菜などをお供えするのですが、今の子どもたちにはお団子が主役になっているようです♪

 

でも、日々忙しいママにとって、食事の他に特別にお団子やススキを用意するのはちょっぴり負担ですよね。

そこで簡単お月見レシピを紹介しちゃいます。

 

上新粉を耳たぶの柔らかさになるまでこねて蒸かす方法もあるのですが、ちょっぴり面倒ですし、お子様と一緒に楽しく作れる方法にしちゃいましょう!

実はスーパーにはうるち米ともち米で作られた「だんご粉」が販売されています。

これは、白玉粉でも代用可能なのですが、お値段もとてもリーズナブルで、大量に作ることができるのでお子様も大喜びのはず。

 

これらの粉に分量の水を入れ、丸めて多めの熱湯で茹でます。

しばらくするとぷか~っとお団子が浮かんできますのでお玉などですくって完成です。

こちらを15個作って丁寧に並べれば簡単お月見団子の出来上がり。

 

我が家の場合、15個以上できてしまうので、茹であがりにすぐきな粉をまぶしてみたり、茹でる前にウサギの形にしてみたりと

かなりビックリするようなお月見団子を楽しんでいます。

 

みんなでワイワイ楽しく美しい月を眺めながらのお団子は15個といわずお腹いっぱい食べてしまいそう・・・。

 そんなダイエットが心配なママは、だんご粉や白玉粉の水分にお豆腐を使用してみて下さい。

粉とお豆腐の量は1:1の同量にすると失敗しなくて済みますよ。

 お豆腐は水切りなしで使用できますのでとても手軽にもっちりと不思議な食感のさっぱり団子を楽しむことができます。

 

色々とお団子にも決まりがあった昔とは違い、楽しい行事の一つとしてお月見を家族で心待ちにするのも素敵な風習ですよね♪

お月見を彩るお団子も慣習にとらわれず、黒蜜やきな粉、餡子など色々な味で楽しむと家族の思い出がまた一つ増えますよ。

今年の我が家のお月見団子はお団子をチョコレートフォンデュにしてみようかなぁ♪

なーんて考えています^^

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ