七五三着物はレンタルと購入どっち選ぶ?メリットデメリットで比較!

  • LINEで送る

七五三!といえばお宮参りに続く子育ての一大イベントですよね!

男の子ママも女の子ママもここぞと言うほどオシャレをさせて子供の健やかな成長を願いたいもの。

 

それはじぃじ、ばぁばも同じ気持ちでありがたいのだけれど・・・。

「パパの着た着物を着せてお参りさせて!」

「着物はあなたの着た物があるわよ♪」

「うちが新しい着物を用意するわ!」

なんて先走ってしまうご両親に頭を抱えているパパママも多いのではないでしょうか?

 

最近は、七五三の記念写真を前撮り撮影すれば通常1万2千円くらいかかる着物のレンタル料金が無料!なんて企画も多くあり、迷ってしまいます。

そんな中、主役の本人は「草履で足が痛い」と愚図ったり泣きだしたりしてしまってもう大変!

お参りどころの騒ぎじゃなくなっちゃった。なんて話も良く聞きます。

 

そこで、七五三の着物はレンタルが良いのか?購入が良いのか?どちらが子どもにとって一番かわいく、楽しく七五三を迎えることができるのか?

メリットデメリットで比較してみることにしました!

Sponsored link

七五三の着物のレンタルと購入のメリットデメリット

まず、レンタルの一番のメリットは「汚れを気にしなくてもOK!」ということと、「何よりも経済的」ということ!

基本的に破いてしまったり、極度に汚してしまわない限り、レンタル料金にクリーニング代金や保証金は含まれています。

大幅な破損や故意による汚れがない限り購入するよりも格安で小物まで全て揃えてもらえるのです。

 

足袋と下着は持参して下さいと言うレンタルショップも多いのですが、それも大手の写真館でレンタルすると、前撮りの時に足袋をサービスでもらえることもあるので、節約ママはしっかりとチェックしてみましょう。

下着は普段使いのものでOKです。

大手の写真スタジオでは前撮りした時に一定の金額の写真を購入していれば、ヘアメイクも衣装もほぼ無料でレンタルすることができとても経済的です。

では、レンタルのデメリットとは何でしょう?

これは返却の手間がかかると言うことと、何よりも他のお子様と着物が同じ!という現象がおこってしまうことです。

人気の着物は流行りの物に集中しやすく、お参り中に「あ!同じ着物を着ている!」と何やら気まずくなってしまうことがあります。

お参りの時の写真を見て、幼稚園のお友達と全く同じだったなんてことも、実はあり得ることになります。オンリーワンを目指すママさんにはレンタルは不向きと言えるでしょう。

 

次に購入のメリットですが、こちらはあなたのお子さんだけの着物を手に入れることができるのが最大のメリットです。

サイズもしっかりと合わせることができますし、小物などもお気に入りの物を選べます。

髪飾りも可愛らしい巾着も何もかもがオンリーワンなのです。

お子さんにピッタリの着物でお参りをすれば注目度は抜群!

 

古典柄と呼ばれる少し古風な着物をキュートに着こなしているお嬢さんを見ると、ほほえましく、またとても上品に見えます。

もちろん、男の子の着物も昔ながらの伝統的な柄がありますから、一目でわかる人にはわかるのです。

跡取りの男の子は購入する際に紋を入れる方も多く、5つ紋といって格の高い着物を着てお参りすることができるのです。

 

さて、いいこと尽くしの着物購入のようですが、ここでデメリット。

まず、購入代金がとても高い!ということです。

着用する機会はせいぜい写真撮影と、お参りの時の2回ほど。

仮に兄弟姉妹がいたとしても10回程しか着る機会はないのです。

親戚同士で着回ししたとしても同じ着物を着た写真ばかりということになってしまいます。

 

また、着物の保存はとても難しく、我が家の場合、私と姉が使用した着物をしっかりものの母が保存してくれていたにもかかわらず、被布の裏には虫食い、髪飾りが行方不明、小物類は何かが足りない・・・という始末。

「高い買い物だったのにな・・・」と苦笑いの母と初めての子供の七五三を目前に困り果てている姉の会話が購入のデメリットそのものだと感じるのです。

Sponsored link

七五三の着物はレンタルと購入どっちがおすすめ?

では最終的に七五三の着物はレンタルと購入のどちらがおススメなのでしょう?

簡易的に写真を撮ってお参りをして・・・とイベント的に七五三を楽しもう!と考えているご家庭はレンタルが手軽で一番良い選択でしょう。

思い出は写真の中で。

手元に着物が残らなくても良いとお考えの場合はレンタルをおススメします。

 

逆に七五三をしっかりとした行事ととらえ、親戚を集めてお祝いをし、お参りを・・・と考えているご家庭は購入がおススメです。

親戚の中には上手に着物を収納する方法を知っている年配の方がいらっしゃるはずですので、虫のつかない保存方法など難しいことを教えていただけるかもしれません。

また、男の子の場合は特に「跡取り」という思いが強いご家庭もありますので、そういった場合は購入し、しっかりと5つ紋を入れてもらうとお祝いの場も盛り上がるでしょう。

 

後々の手間暇がかからない気軽なレンタル。

お手入れや購入費用など色々と大変ですが手元にシッカリと思い出の着物が残る購入。

どちらもご家庭の事情によってメリットとデメリットの比率が変わってきますので、パパやママがお子様にとって最良の選択をしてあげられると良いですね。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ