赤ちゃんが歯磨きを嫌がるママ必見!ガーゼやフッ素いつから始める?

  • LINEで送る

やっと6か月を過ぎてうちの子にもニッコリ笑顔から見える、白くて小さな歯が気になってきた頃。

 

うちの子にもそろそろ歯磨きを始めた方がいいかしら?

他の赤ちゃんはいつから始めているの?

その方法はどうやっているの?

うちの子は嫌がらないかしら?

などなど、わからないことはここで解決しちゃいましょう!!

 

さっそく大切な子供の歯を大事にする最新のアイテムや秘訣を教えちゃいます。

ちょっとした工夫で今日から楽々歯磨きになるかも!?

Sponsored link

 赤ちゃんが歯磨きを嫌がるママ必見!ガーゼやフッ素はいつから始める?

初めての歯磨きは歯が生え始めたらスタートするのが基本です。

それと同時にフッ素とキシリトールで虫歯予防も始めます。

赤ちゃんが味覚を憶える時に自然と一緒に強い歯つくりもはじめます。

 

たいていは6か月ごろですが個人差があるので、時期的に早い子とゆっくりな子がいますので、

お子さんのかわいい歯が2本生えたら状態を見て歯磨きを始めてみて下さいね。 

 

赤ちゃんが初めて口に入れるのは、ママの母乳や哺乳瓶の乳首など柔らかい物ばかり。

そんなお口にいきなり歯ブラシを入れたら、赤ちゃんじゃなくてもびっくり!

 

不安なのは実は赤ちゃんだけではなく、ママもですよね。

そんな不安な顔に赤ちゃんは敏感になってしまいます。

そんなつもりでなくても、ついつい不安からママの顔も怖い顔になっているかもしれません!

 

そんな時の歯磨きのスタイルってどうしていますか?

たいていは子供番組のテレビでよーく見る、お膝にゴロンのスタイルだと思います。

 

ですが、実はこの逆さに見えるママの顔が赤ちゃんにとっては怖く見えてしまうのです。

覆いかぶさるような姿勢だけで実は赤ちゃんもストレスを感じることに・・・。

まずは、この定番のお膝にゴロンのスタイルから変えてみましょう。

 

では、赤ちゃんには普通にご飯を食べる時の様に座ってもらいましょう。

そうすることで、赤ちゃんはいつもの慣れた姿勢になります。

もちろんママは目の前に座るので、赤ちゃんも安心。

そこで初めて歯磨きのスタートです。

 

まず、ガーゼを指に巻いてお口の周りをちょんちょんと触ってみましょう。

ニコニコ笑ったら、初めてそこから歯に触れてみます。

最初からうまくできなくても、ちょんちょん遊びと思いましょう。

 

そのちょんちょんがうまくいったら歯の裏側にも触ってみましょう。

実は、この前歯の裏側が赤ちゃんの気持ちいい”ツボ”になっているんだそうですよ!

 

これで数日慣らしていき、フッ素ジェルなどをほんの少しガーゼに付けて歯をなでます。

 このフッ素は赤ちゃんの弱い歯を強くしていきます。

このフッ素の量は微量なので飲み込んでも体に害はありません。

レノビーゴもシュッとガーゼに吹きつけて使えます。

我が家も歯医者さんがすすめるレノビーゴを愛用しています^^

さらにタブレットのキシリトールを砕いて粉にしたものを、同じくガーゼに少しつけて歯を撫でます。

このキシリトールも使うことによって虫歯菌に強い歯になり、歯のリンスにもなります。

ガーゼやフッ素など歯のリンスが赤ちゃんが嫌がらずにできるようになったらいよいよ、歯ブラシの登場です。

柔らかいゴム状の物から慣れていくといいでしょう。

どうしても、何をやっても嫌がって泣き出してしまう赤ちゃん。

そのまま大きくなると、歯磨き自体が嫌になり磨き残しどころか、歯ブラシをみたり「歯磨き」と聞いただけでも固まってしまう可能性があります。

Sponsored link

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合にはどうすればいい?

歯医者さんによると赤ちゃんが歯磨きを嫌がる子に「赤ちゃんとのスキンシップがちょっと足りないお子さんに多い」との見方があるそうです。

 ですので、あまりあせらないで抱っこの時間を長くしたり、ベビーマッサージなどでスキンシップの時間を作ってみましょう。

だんだん遊びながら顔にさわったりとスキンシップがうまくいったらこっちのものです。

 

しばらく歯ブラシの形のおもちゃを持たせて遊ばせてみましょう。

数日かけて赤ちゃんの様子を見ながら、歯ブラシおもちゃに興味をもったり、

しばらく握って離さないなどの時間ができたら次のステップです。

 

あと、お気に入りのぬいぐるみなど声掛けしながら、お人形に歯磨きをやってみせるのも効果があります。

 歯磨き絵本で興味を持ってもらいながら同時に同じ動作で歯磨きをやってみるのも一つの方法ですね。

 

ちょっと大きくなったら動画を見せてみてはどうでしょうか?

こんなかわいい動画もおすすめですよ。

フィンランドでは子供の虫歯を減らすことに成功した実績を持っています。

秘策は歯磨き、食生活、歯の定期検診、フッ素、キシリトール。

キシリトールは最近よく聞きますが、ほんと?と思っていませんか?

 

キシリトールガムを一日食後に二回、一か月続けると

虫歯菌が20分の1に減るデータがあるんです。

さあ今日からママも始めませんか?

すると子供が自然と歯磨きに入りやすい環境も作れちゃいますね。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ