ノロウィルスの食事はヨーグルトがおすすめ!嘔吐時の果物はNG

  • LINEで送る

ノロウイルスにかかってしまったときはどんな食事がいいのでしょうか?

感染時におすすめと言われるヨーグルトはどんな効果があるの?

食欲が落ちる嘔吐時に何を食べればいいの??

 

など、ノロウイルスにかかってしまった時に出てくる食事の疑問。

実はNGな食べ物などを理由と共にまとめてみたいと思います。

ノロウイルスにかかったらおすすめの食事は?ヨーグルトが効果的!?

風邪くらいであればいつも通りの食事を摂ったりもしますが、

ノロウイルス感染時には負担になってしまうこともあります。

その理由は、主な症状が嘔吐と下痢というところにあり、やはり、上からも下からも排出してしまうわけですから、

正しい食事で栄養と水分を摂れるよう配慮することが大切になってきます。

一日3食を5食などに変えて、少量ずつ食べることでも胃腸への負担を減らすことができます。

大人の身体は水分60%、子供や高齢者は?

実は年齢によって身体の水分量がちがうということはご存知でしょうか?

新生児で80%、幼児で70%、高齢者は50%と言われており、

これで分かるのは、健康な状態を保つための水分量がちがうということ。

そのため、体力の面で考えても水分量の低下はかなりの危険があり、

嘔吐や下痢が一日に1~2回であれば普段よりも多めの水分を、

それよりも多い場合には、こまめな水分補給が必要です。

やはり、一気に飲むのは胃腸への負担になるので、5~10分置きに少しずつ飲むことがポイントになってきます。

 

水に加えて、たまにスポーツドリンクを飲むこともおすすめします。

もっと言えば、経口補水液があると安心です。

これは十分な医療を受けられない海外の国などでも使われていて、

脱水症状や胃腸炎などの対策にはとても有効となります。

我が家の子供も体調が悪い時は「OS-1」を使用しています。

これは普段健康な時に飲むとしょっぱくあまり美味しくないのですが

脱水気味になっていると甘く感じるんだそうです。

 

また摂取する水分は冷やさず、常温かぬるま湯で口にしましょう。

たいていの場合は、症状が出れば病院受診を済ませていると思いますが、

その時にかかったお医者さんに、

自分のケースはどんなペースで水分補給するべきなのかを確認しておくと安心ですね。

食べても吐いちゃう・・・おすすめの食事は何?おなかにやさしいOK食材とは?

嘔吐や下痢は内臓にも大きな負担をかけます。 

ノロウィルス感染時の食事のポイントは“胃腸にやさしい食事”と“水分”になります。

 

内臓への負担の少ないおかゆや、鶏のささみや白身魚を入れたおじやなど、

消化しやすく吐き気を引き起こさない食事がおすすめです。

やわらかく煮たおうどんなんかも一般的でいいですよね。

 

たいていは1~2日で体調が戻ることが多いのですが、

栄養面が気になる場合はかぼちゃなどやわらかく煮た野菜や、

すりおろしたリンゴなどをプラスしてみるといいですね。

Sponsored link

避けたいNG食材とは?

健康であっても胃腸に負担がかかる脂肪分はもちろんNG。

唐揚げやとんかつなど脂っ気の強い食べ物は避けましょう。

ごぼうや筍、豆、海藻類、キャベツなどの食物繊維たっぷりな食材や、

香辛料の強いカレーも胃腸に負担がかかるのでNGとなります。

食物繊維や香辛料は普段なら胃を活発にしてくれて助かる食材ですが、

弱っている時は胃腸に無理をさせてしまうので避けた方が賢明です。 

ヨーグルトが効果的ってほんと?

 

ヨーグルトには乳酸菌が入っていることは有名ですが、この善玉菌は悪玉菌と戦ってくれる強い味方です。

ノロウイルスに感染しているとき、身体の中の免疫は一生懸命ウイルスに勝とうと戦っています。

それを応援し、力を与えるのがヨーグルトの乳酸菌というわけです。

免疫力のアップはもちろんのこと、弱ってバランスが崩れがちな腸環境を整えてくれるのです。

固形ではないので食べやすく、小さな子供さんでも食べてくれそうですよね。

すりおろしたリンゴを入れてあげるのもおすすめです。

 

免疫力アップするということで最近では花粉症やアレルギーなどにも有効です。

腸が元気なら身体も元気に繋がりますから、

普段から食べる習慣をつけておくと予防のひとつにもなってくれます。

ノロウイルスで嘔吐がある時は、果物は吐き気が増すのでNG! 


風邪を引くとよくビタミンを摂れるように果物を食べたりしますが、

嘔吐を繰り返す症状が出るノロウイルス感染時は注意が必要です。

とは言っても、果物が全てNGというわけではありません。

避けたいのは柑橘系のみかんグレープフルーツなど。

これらの果物にはクエン酸が含まれていて、胃に刺激を与えてしまうのです。

それによってさらに吐き気が出てしまうこともあるので、なるべく避けた方がいいと考えられます。

同じくクエン酸を含む物は酢の物や梅干しなどですね。

少量ならば問題ありませんし、健康な時は摂りたい食材なのですが、

ノロウィルスが完治したあとに食べた方がいいですね!

 

弱った時はこう、という大まかな軸は変わらないのですが、

吐き気や下痢の症状があると、少し摂っておくべきものも変わってきます。

症状をできるだけ楽にして早期に完治するためにも、症状にあった正しい食事で対処したいですね!

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ