RSウィルス大人が感染した場合咳の症状が目安!重症化することも!

  • LINEで送る

 RSウィルスというと、乳児や子供だけがかかる病気だと思っている人が多いかもしれませんが、

実はそれ、間違いなんです!

 

このRSウィルスは2歳までにほぼ全ての人が罹患していると言われており、

その後、何度も感染する事で免疫がついていき、あまり重症化しなくなるのですが、

それでも免疫力が落ちていたり、体力のない高齢者などは

重い症状に苦しめられる事もあります。 

Sponsored link

咳が止まらない!?その症状はRSウィルスかも!

RSウィルス感染症は普通一般的な風邪と見分けが付かないことがほとんどです。 

秋の終わり頃から春先の寒い季節に流行し、軽い鼻水やくしゃみから始まって、

その後ヒューヒュー、ゼーゼーという呼吸を伴ったしつこい咳が続くようになります。

 時には肩で息をしたり、更に酷くなると

呼吸の度にみぞおち部分がへこんだりすることもあります。

 

この感染症は、細気管支にRSウィルスが感染することにより起こりますが、

乳幼児が「細気管支炎」に掛かった場合は

RSウィルスに感染していることが非常に多いのです。

2歳までにはほぼ100%の人がこのRSウィルスに感染しています。

ですから「私は1回も感染したことが無い」と思っている人でも、

ただの風邪だと思っていたものが、実はRSウィルスだった可能性が高いのです。

このRSウィルスは1度感染しても体内で抗体が作られることは無いため、

生涯に渡って何度も繰り返し感染します。

このため、大人になってもRSに感染する可能性はとても高いのです。

 

RSウィルスは細気管支に炎症が起きているため、とにかく激しい咳が特徴的となります。

 以前は「喘息様気管支炎」という病名が付いていたこともあったほど、

喘息の様な苦しい咳が続くことがあります。 

そのため、1日を通してあまり酷い咳が長く続いたり、

呼吸が苦しくなるような咳が出るようであれば

RSウィルスを疑い、早めに病院を受診したほうが良いでしょう。

Sponsored link

RSウィルスに感染すると、大人も重症化する?

乳幼児の赤ちゃんが感染すると入院騒ぎになる程のRSウィルスですが、

大人がかかると一体どの程度なのかでしょうか? 

先ほども挙げたように、RSウィルスには

2歳以降のほぼ全ての人に感染経験があると言われています。

その後、何回も感染を繰り返す事で、完全な抗体が出来る事はありませんが、

ある程度の免疫を持つことが出来ます。

 ですから大人になってから感染したとしても、

入院が必要になるまで重症化することは殆どないのですが、

気をつけなければいけない人や状況があります。 

・高齢者

・喘息傾向のある人

・妊婦

・他の病気を罹患中で、抵抗力や免疫力が落ちている人

・大量のRSウィルスを一度に体に取り入れた場合 

特に最後の項目は見落としがちな点ですが、

RSウィルスに感染した子供の看病をしなければならない

お母さんやお父さんは特に注意が必要になります。

 

咳やくしゃみによる唾液の飛沫には大量のウィルスが含まれている為、

それを一気に体に取り入れてしまうと当然症状が重くなってしまいます。 

ですから、家族の看病をするときはマスクなどでしっかり防御をし、

うがい手洗いを頻繁に行った上でアルコール消毒を徹底するなどして、

大量のウィルスに触れないよう充分に警戒しましょう。

 

乳幼児が感染すると重症化の恐れがあるRSウィルス。

しかし、大人も油断はできません。

 子供が咳で苦しんでいるときには、ついつい自分の予防など後回しになってしまうものですが、

もしお母さんが重症化してしまったら子供の看病自体も出来なくなってしまいます。

 まずは子供を重症化させないように、風邪の症状が現れたらその後の変化に気をつけ、

お母さんもしっかり防御体制を整えるようにした方が良いですね。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ