乳児や赤ちゃん新生児にインフルエンザの予防接種はいつから必要?

  • LINEで送る

高熱や身体のあちこちが痛みでつらいインフルエンザ。

新生児や乳児など、赤ちゃんに予防接種は必要なのでしょうか?

 

インフルエンザの予防接種は100%予防できるものではないために、

した方がいい、しなくていいという意見に分かれています。

その理由と、受ける場合はいつから必要なのかをまとめてみました。 

Sponsored link

乳児や赤ちゃん新生児にインフルエンザの予防接種は必要?

生後2カ月を迎えると赤ちゃんはいろいろな予防接種ワクチンデビューとなります。

BCGや四種混合など定期的に接種が決められているものと、

ロタウイルスなど任意で接種するものなどいろいろ種類がありますね。

 

近年は働くお母さんが増えているため、託児所に預けていたり、その行き帰りも含め外出が増えます。

自宅で過ごしているよりもはるかに感染の可能性が上がることや、

不安を感じて未然に防げるものならしてあげたいと考え、

任意の予防接種についても検討をする人が年々増えているようです。

 

しかし、インフルエンザの予防接種はかかっているお医者さんによって、

しない派とする派に分かれているのも事実になりますので、その理由をメリット、デメリットに分けてご紹介します。

インフルエンザの予防接種のデメリット意見

1歳を迎えていない赤ちゃんは、体力面でも免疫力の面でも心配です。

日頃からの予防は大切で、予防接種以外の生活でも気をつけたいものです。 

まず、インフルエンザの予防接種のデメリット要素は2つあります。

1つ目は、30%足らずと言われる予防有効率の低さです。 

赤ちゃんのうちに受けるさまざまな予防接種の有効率は80%を上回り、

ものによっては100%近い有効性を持っていますから、

それと比較するとインフルエンザの予防接種はかなり低いことが分かります。

 防接種として考えると、そんなに低い有効率で役に立つのだろうか?

という疑問を感じるのは当然かと思います。

 

2つ目は、これだけ低い有効率でありながら、

予防接種したことによって副作用が起こるかもしれないというところにあります。

 予防接種はそもそも、微量のインフルエンザウイルスを身体に入れることで、

インフルエンザウイルスに対抗できる免疫を体内に作ることが目的です。

 ということは、免疫がないところに初めてウイルスが入るわけですから、

微量とはいえども発熱やじんましんが起こったりすることもあり、

例えばあまり外出の少ないような場合や外出の機会を減らせる場合は、

わざわざ接種する必要はあるのだろうかと、

その必要性に疑問を呈する専門家もやはり少なくないようで、

これらの2つの理由から、しなくてもよいと判断するお医者様が多くいるようです。 

Sponsored link

インフルエンザの予防接種のメリット意見

インフルエンザの予防有効率が低いとはいえ、効果があった場合はメリットがあるのも確かです。

毎日保育園や託児所に預けていたり外出が抑えられない家庭もたくさんあります。

 

環境によっても、他人の多い場所で暮らしていると、それだけ感染の機会が増え、

お母さん達はハラハラしてしまうことでしょう。

そうした場合は、予防接種を済ましていれば、万が一赤ちゃんが感染した時にも重症化せず

軽めの症状で済む確率は高くなります。

予防接種以外にインフルエンザの予防方法はあるの?

赤ちゃんの予防接種の予防有効率は30%ですが、

健康な大人が受ける予防接種の予防有効率も30%と同じくらいの効果となります。

 大人の予防有効率が30%というのもやはり予防としては少し効果が低いように感じますが、

 一般的に予防接種をしていない状態で毎年必ずインフルエンザに感染してしまうという人は少なく

予防接種をしていないのにこの数年インフルエンザにはかかったことがないという人の方が多いと言われています。

 このことから、予防接種をしておけばわりと高い確率で家庭での感染を防げると考えられます。

 

インフルエンザが流行する冬場の間、自宅で過ごしたり外出を減らせる家庭であれば、

赤ちゃんに予防接種をするよりも家族が予防接種を受けて

家族内で感染者を出さないように気をつける方がより有効と言えます。

 

赤ちゃんの外出の多い場合、6カ月以降の赤ちゃんは予防接種を受けることも検討できますが、

デメリットの内容をよく理解し、お医者さんに相談してみるといいでしょう。

子供はいつから予防接種をすればいい?

生後6ヶ月までの赤ちゃんは母親からの免疫が残っていることでインフルエンザにかかったとしても

ほとんどの場合軽い症状で済むようです。 

生後6カ月以降は、小さな子供であってもインフルエンザの予防接種を受けることができます。

 

12歳までは1回の接種では効果が出にくいため2回接種が決められており、

13歳以上からは1回接種となります。

 

1994年までは小学校などでの集団接種が義務付けられていたのですが、

その予防効果が低いのではないかという批判があったり、

副作用が出ることもあり、「個人で予防すべきでは?」という意見などから、

学校で集団接種する習慣は廃止となりました。

 

任意で接種することは可能ですから、

メリットデメリットをよく吟味して選択することをおすすめします。 

個人差はもちろんありますが、前述したように毎年かかるものではないのも事実。

あまりに敏感に感染をおそれるのも問題です。

 

日頃から手洗い、うがいを徹底して、冬場の室内の加湿や保湿をするなど、

予防はさまざまな方法でできるので、そうした予防でもいいのでは?とも思えますね!

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ