妊娠中授乳中のインフルエンザの予防接種は?かかったらイナビルは?

  • LINEで送る

妊娠中や授乳中はお薬は厳禁!

もちろん小さな風邪などにも気をつけたいですが、

インフルエンザのようなウイルスに感染するのはもっと心配です。

 

様々な予防法だけでは不安・・・予防接種は受けてもいいの?

万が一インフルエンザにかかった場合はイナビルを使用してもいいの?

など、妊娠中、授乳中のお母さんに役立つ情報を理由とともにご紹介します! 

妊娠中、授乳中のインフルエンザの予防接種は打ってもいい?

妊娠中は病気にかかることなく健康でいたいのに、

じつは妊娠していないときよりも免疫力が下がってしまうと言われています。

免疫力とは身体の中にある自分の身体の健康を守る兵隊さんのようなもので、

いつもウイルスなど身体に害を及ぼすものや異物を一生懸命排除してくれています。

 

赤ちゃんはお母さんの中で生まれて、生まれてくるまでを過ごしますが、

お母さんとへその緒で繋がっているとはいえ、

自分とは違う人間が体内に入っているわけですから、一応異物なわけですね。

例えば、妊娠していな時と同じように免疫力が働く状態であれば、

免疫力に悪気はないのですが、一生懸命赤ちゃんを攻撃してしまうことになるのです。

そのため、妊娠した時には免疫機能が一時切り替えられ、

赤ちゃんが生まれてくるまで無事に過ごせる程度に免疫力が下がるのです。

妊娠中の予防接種

免疫力が下がると、どうしてもウイルスや菌と戦う力が弱くなります。

そうなると感染の危険は高まりますから、普段より一層の予防が必要です。

インフルエンザの予防接種は、接種するときの妊娠周期や持病など、

様々な身体の状態を踏まえた上で接種が可能です。

 

基本としては、接種不適応の“接種すべきでない人”のリストには、

妊婦さん、授乳中の方は含まれていません。 

日本の予防接種では不活性化ワクチンを使用しています。

(不活性化ワクチンとはウイルスの毒性を無くし、抗体を作るために必要なものだけを残したものです。)

 

例えば、もし妊娠に気付かずに接種したとしても、母体に抗体ができるだけで、

胎児に危険が及ぶような心配はほとんどないと言えます。 

しかし、妊娠初期の16週目までは接種をしない傾向にあります。

ワクチンを打ったから流産した、奇形が出たなどの報告はありませんが、

日本では“大丈夫、安全ですよ”と言えるだけのデータがまだ十分ではなく、

欧米などでも妊娠初期の接種は控えて妊娠中期に接種しているため、日本でもそれに倣っているのが現状です。

 

しかし、感染したときに重症化しやすい持病を持った人もいるので、

医師が感染の予防策として判断し、妊娠初期でも接種する場合もあります。

個人の身体の状態によりますが、かかっている医師と相談の上、

妊娠16週以降の接種の方が安心と考えられます。

接種する場合には、防腐剤のチメロサールを使用していないものを使いましょう。 

Sponsored link

授乳中の予防接種

 

上でも書きましたが、使われるワクチンは不活性化ワクチンのため、

ウイルスの毒性はない状態にしているため、体内で増殖することはありません。

元々血液にインフルエンザウイルスが入ることも稀で、入ってもごくごく微量。

その上感染力のないワクチンをしようしているわけですから、

母乳にウイルスが入るなどはありませんので、接種は可能です。

 

この場合にも医師と相談して可能であれば

チメロサールを使用していないものを摂取しましょう。

配慮することで避けられる種類の不安は排除していきましょう!

妊娠中や授乳中にインフルエンザにかかった場合、イナビルは使用しても大丈夫?

予防接種をしていてもインフルエンザに100%かからないわけではありません。

家族がインフルエンザにかかったり、必要な外出でもらってしまうことも。

妊娠中はそもそも免疫力が下がっている状態のため、

万が一感染してしまったときには重症化する危険性もあり、

インフルエンザ症状の特徴でもある、高熱は赤ちゃんにも影響が出ることも。

まずは身体の異変に気を使い、異変が出たらすぐに診察を受けましょう。

 

インフルエンザは発症してから48時間以内でなければ、

抗ウイルス剤の効果が十分に発揮しませんので、

そこで万が一インフルエンザに感染していた場合は、医師の処方に従って薬を服用しましょう。

 

インフルエンザの抗ウイルス剤はタミフル、イナビル、リレンザなどがありますが、

タミフルは母体や胎児にも影響がないというデータが出ていますから、

妊娠中、授乳中のどちらでも使用可能とされています。

イナビルは吸入系のリレンザよりも回数が少なくて済む比較的新しいお薬ですが、

妊娠中、授乳中でも使用可能ということがわかってきました。

 

どれを使用するか、服用量などは医師の指示に従うことが必須です。

当たり前ですが、前年などに使っていたからといって医師の相談なしに使用することは避けて下さいね!

 感染が疑われる場合は、感染した可能性のある家族と共に受診し、一家で一斉に対処しましょう。

 

予防接種は任意のため、医師の判断と自己判断の上で接種可能になりますので、

マスクや手洗いなどを徹底しての予防はもちろん接種後も続けて下さいね。

元気な赤ちゃんが生まれる日まで、健康に妊娠期間を過ごしましょう!

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ