2歳児の言葉の目安はどれくらい?言葉が遅くて話さないけど大丈夫?

  • LINEで送る

子育てママの中で恐怖の1歳半健診があるのはみなさんご存知ですよね?

1歳半健診といっても集団で生まれ月ごとに行う自治体が多いので、ぴったり1歳6ヶ月で行われるわけではなく、2歳直前に行われることもあります。

耳鼻科検診や歯科検診、内科検診を終えて育児相談と並行して言葉の発達を確認されるところが多く、

保健師さんが絵や絵本などを使ってワンワンはどれかな?と、ちゃんと犬が分かっているのか?

お子さんの指をさす様子で理解度を測っています。 

Sponsored link

その他にも、指先の発達を見るために積木を積ませてみたり、自分の名前が呼ばれた時に振り向くかなど、

保健師さんはさりげないところでもチェックしていますが、

中には集団で行う検診にビックリしてしまい、いつもの調子が出ないお子さんも中にはたくさんいます。

そんな時は普段の様子をママがしっかり保健師さんに伝えれば大丈夫です!

 

沢山ある発達検査の中でも多くのママが気にしているのは言葉の成長ではないでしょうか?

子供の成長は個人差が大きく、2歳までには出ると言われている二語文が健診の時にまだ話せないお子さんもたくさんいます。

 

そういったお子さんは時として、要経過観察として定期的に保健師さんの指導を受けることになり、大きな不安を抱えてしまうママもいます。

2歳児の言葉の目安はどれくらい?

2歳児の言葉の目安ですが多少ばらつきはありますが、

2語文が出てくる程度と言われています。

「まんま ちょうだい」

「ワンワン きた」

「あっち いく」

「ママ すき」

など、たどたどしく自分の思いを話し始める程度になります。

 

ただ、子供の成長は個人差が大きく、男の子と女の子でもその成長は全く異なりますし、

また2歳0カ月と2歳11カ月では出来ることが全く違うのであまり神経質にならないでくださいね。

 

大体2歳0カ月くらいのお子さんは2語文をしゃべっていることが多く、1歳半健診でも2語文はでているか?

などの質問があることもあります。

 言葉の早い子はもう一人前に話し始めていることもあります。

一般的に女の子は言葉が早く、男の子は言葉を話し始めるのが遅いと言われているようですが、

個人差があり、我が家の長女は2語文が出始めたのは2歳を大幅に過ぎてからでした。

2歳児の我が子、言葉が遅くて話さないけど大丈夫?

我が家の長女は言葉が遅く、1歳半健診で指さしはしない、つま先立ちで歩く、

逆さまにバイバイをするなど目立った行動をする子どもでした。

 おまけに一番背が低く、成長が遅かったので当然、要経過観察となり、

習い事の教室に市の保健師さんが様子を見に来たこともあります。

 

2歳になっても2語文が出ないのは親にとってとても不安で、

当時の育児日記には長女の言葉に対する悩みがたくさん書きつづられています。

 

長女は1歳9ヶ月の時に次女が生まれたこともあり、しっかりと話を聞いてあげなかった私が悪いんだ。

妊娠中で身体が辛いからといって読み聞かせをさぼった私が悪いんだ・・・。

 と、そんなことばかり考えていたある日、

スーパーで知らないおばあちゃんに声をかけられました。

 

長女の言葉の発達が遅いことを指摘されたくなかった私はその場から逃げ去りたいくらいの気持ちでしたが、

おばあちゃんはとても素敵な一言をくれたのです。

 

「お歳いくつ?」ときいたおばあちゃんに案の定、長女は不器用に指を二本差しだしただけでした。

 「すみません・・・言葉がまだ出なくて・・・。ちょっと言葉の発達が遅れてるかもしれなくて。

2歳なのに2語文もしゃべらなくて。」と私はとても慌てていいました。

 すると、そのおばあちゃんは

「とても大切に育ててきたんだね」と私に言ってくれたのです!

 「この子は自分の気持ちを言葉で伝える前にママがちゃんとお世話をしてくれているから、しゃべる必要がなかったんだよ。

気長に待っておいで。女の子は時がきたらビックリするくらいしゃべる様になるから♪」

 

このおばあちゃんの言葉は私の心をふっと軽くしてくれ、

なんと!そのスーパーの帰り道に川を覗き込んだ長女が「さかな いっぱい」と2語文を話してくれたのです!

 

そこからは1日1日成長を見せてくれ、小学生の今、「ちょっとは黙ってなさい!!!!!」と私に怒鳴られる程のおしゃべり少女に成長しています。

Sponsored link

2歳児で2語文がまだ出ないと悩んでいるパパ、ママ。

もしかしたらそれは誇れることなのかもしれません。

言葉ではなく心で子どもと通じ合えていると言うことなのですから。

 

仮にお子さんが2語文をしゃべらなくても、こちらの指示が伝わっていれば大丈夫です。

「読んでほしい絵本、持ってきて♪一緒に読もう!」と声をかけてみて下さい。

 

それでお子様が絵本を持ってきたら、お子さんはまだしゃべる必要性を感じていないだけなのです。

ママもパパもしゃべらなくても望みをかなえてくれる♪

そんな気持ちでおしゃべりがゆっくりになっているだけなのかもしれません。

きっと、時がたてばビックリするほど上手なおしゃべりを聞かせてくれるようになりますよ♪

 

ただ、名前を呼んでも振り向かない時は、耳の病気などが隠れている場合があるので、それだけは確認してあげて下さいね。

 

ちなみに、我が家の長女が1歳半健診で指さしが不合格だったのは「さかな」を方言で言われたから分からなかったようです。

転勤族の我が家は、生まれた場所と健診の場所が違うなんて日常茶飯事。

 

長女が1歳半健診を受けた地域では魚のことを「びんび」というらしく、いつも「さかな」と教えていたものですから

「びんびはどれかな?」と聞かれても答えようがなかったのでしょうね。

こんな些細な出来事でも言葉の遅れと取られられてしまうこともあるものなのです。

ゆったりのんびりお子様が話したくなる時まで、笑顔で待ってあげて下さいね♪

Sponsored link

  • LINEで送る

“2歳児の言葉の目安はどれくらい?言葉が遅くて話さないけど大丈夫?” への11件のフィードバック

  1. ひまママ より:

    2歳3ヶ月になってやっとワンワンやパパなどが言えるようになって来たものの、2語文なんて全然でおじいちゃんによく『ひとりっ子だから喋るのが遅い』と言われ…そのうちいやでも喋るようになるんだからと思っていましたが、心配でこちらの文を読み泣いてしまいました。
    何をしたいのかわからないとき、子供に『しゃべってよ!』とイライラしてしまったりしていたので…とても心が軽くなりました。
    そんな素敵な人もいるんですね。私も歳をとったらそんな風に言ってあげたいなと思います。

  2. はーちゃん より:

    うちの長男も2歳になったばかりですが、ニャーニャー、ワンワン、消防車、電車、パパ、ママなど単語のみです。癇癪を起こす事もあるので、自閉症かとふも昨晩思い、眠れなくなってしまいました。
    母親はいつも何かの心配をしているんですよね。皆さん同じような事を思っている方もいて勇気づけられます。これから、いつ何時も、子育て初心者。一生ですよね。心配する程、頑張っていると自分に言い聞かせようと思っています。

  3. さかなさん より:

    一歳半検診でひっかかったり、逆さバイバイをする、指差ししない、意思表示が薄いなどなど、あれ?という行動をした経過のあるお子さんは、その後、おしゃべりが普通にできたからと言って完全に安心せず、その後も、丁寧な子育てを心がけることをお勧めします。
    成長した後に、個性 の範疇として順応していけたとしても、お子さんは大変つらい思いをされると思われます。いま、子育てに悩むお母さん方皆さん、どうか、心に留めておいてください。

  4. ゆうパパ より:

    我が家の次男は1歳10ヶ月になりますが、ワンワンをやっと言うようになったぐらいです。理解はほとんどの言葉をしていますが言葉はでてきません。当然、検診でも引っかかりました、長男はどもりが酷く、次男もと、毎日言葉に悩まされていました。しかし、本当に年輩の方の意見は経験なのか?心の余裕なのか?凄い励まされます。私も少しは子供に負けないように大きくなりたいです。本当に感謝、感動しました。

  5. まさパパ より:

    6月末で2歳になる長男がいます。言葉というはっきりとしたものはなかなか出ず、「アンパンマン」も片言以下のような感じで出る程度です。
    両親には「成長はそれぞれだし、あなた(自分)は3歳まで言葉が出なかった」と言われています。
    それでもやはり耳の病気や発達の遅れ等々気になるところですが、この記事を読ませていただいて気持ちが楽になった気がします。
    妻にも読ませてあげたいと思います。
    本当にありがとうございました。

  6. さわママ より:

    ちょうど1歳半検診があり、二語文の項目で少し気になって居た中でこちらを拝見し、涙がボロボロと出てしまいました。
    自分に自信が持てなくなっていたのですが、胸がフッと軽くなり、つっかえが取れた思いです。
    物凄く励まされました。
    心から感謝いたします!

  7. りえママ より:

    さかなさん のコメントに同意します。
    お子さんが言葉が遅いなどで、心配されているママ達のコメント…安心したい気持ちが痛いほど伝わってきます。
    私も同じ気持ちでした。
    長男も言葉が遅く、反応が薄い子でした。
    3歳で知的な遅れの無い広汎性発達障害と診断されています。
    早期発見早期療育で、かなり成長して小3の今では普通級で頑張ってます。やはり定型の子達と成長は違います。
    私の過去の反省からですが、発達が少しでも気になる場合は、その後の成長も手厚くお願います。
    発達障害児の子育ては、「丁寧な子育て法」と言われてるいるので、定型発達の子どもにも大変良い育児ですよ。

  8. 二児のまま より:

    今2歳二ヶ月の息子と七ヶ月の娘がいます。ワンワン、にゃんにゃん、最近ちょうだいが言えるようになりました。あとわ、いとこのお兄ちゃんににいちゃんおいでっていいます。他の言葉わあまりまだ喋れてません。言葉が遅いんじゃないかって思って泣いた日がありました。来年保育園居れるのに、大丈夫なのかな?って思ってます。

  9. かっか より:

    ホッとしました。2歳を過ぎた息子は1語が精いっぱい。お姉ちゃんは1歳8か月の時にはすでに2語話していました。男の子だからと思いながらも、モヤモヤ。
    保育園でも言葉が遅いと言われているわけでなく。
    親の先走りかも。とちょっと落ち着けました。

  10. 元支援学校教員 より:

    さかなさん、りえママさんのご意見に同感です。
    支援学校で自閉症スペクトラムや知的障がいなどの発育の遅れや偏りのある子どもたちをたくさん見てきましたが、一番大変だったことは保護者が子どもの障がいを受け入れておらず、必要な療育を受けてこなかった子たちでした。
    「うちの子は大丈夫、気のせい」と思いたくなるのは当然だと思いますが、障がいがあっても必要な療育を行うことで、支援学校の子どもたちは本当にキラキラして、卒業後も社会人として頑張っています。
    りえママさんの仰る通り、支援教育は生きていく上で大切なことを、丁寧に学ぶことができます。
    障がいの有無に関わらず、子どもたちが健やかに成長してくれることを願います。

  11. 娘を世界で1番愛している より:

    涙が自然とこぼれました。
    この記事を読んで、娘をまた一段と愛おしく思えるようになりました。
    現在2歳になったばかりの娘の言語の発達を気長に待とうと思いながらも時折、不安にかられる事がある今日この頃、この記事で救われました。主人にも読んでもらおうと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ