RSウィルス感染症 子供や赤ちゃん乳児が感染すると入院も!主な症状

  • LINEで送る

RSウィルス感染症とは!?

近年冬になると頻繁にテレビや雑誌で取り上げられるようになり、

特に乳幼児への危険性が謳われるので、小さなお子さんをお持ちの方には関心の高い病気になるのではないでしょうか。

ウィルス感染と聞くと、少し特殊な病気だと思う人もいるかもしれませんが、

RSウィルス感染症は実はほぼ全ての成人が感染経験があると言われている程ごく当たり前の感染症になります。

 

では、何故全ての人が罹患するような有り触れた感染症にも関わらず、

毎年メディアで取り上げられる程、注意を促されるのでしょうか。

それは、乳幼児に感染した場合にはかなりの注意が必要になるためです。

Sponsored link

RSウィルス感染症とは?

そもそもRSウィルス感染症とはどの様な病気なのでしょうか。

この病気は別名「急性細気管支炎」とも呼ばれており、

気管支が更に細かく枝分かれした先端の細い部分である「細気管支」にウィルスが感染する事によって起こります。 

このとき感染するウィルスがRSウィルスであることが多いため、RSウィルス感染症と呼ばれています。

このウィルスに感染すると細気管支が炎症で塞がってしまうので、呼吸障害が起こり、激しい咳が続く事になります。

感染時期は秋から春が多く、1度罹患しても繰り返し感染します。

Sponsored link

RSウィルス感染症の主な症状は?

鼻水、咳、微熱などといった風邪の症状から始まります。

この段階では、病院を受診してもただの風邪として扱われてしまうことが殆どです。

実際、悪化しなければ普通の風邪で終わります。

 鼻水やくしゃみ、咳が数日続いた後は落ち着いたり、

熱もそれ程高くならないので、安静にしていれば終息してしまうことが多いのです。

そのため、「自分はRSウィルスになんか罹ったことはない」と思っていても、

1歳~2歳までのうちにほぼ全ての人が感染しているのです。

 

しかし、数日経っても一向に咳が収まらない、益々咳が激しくなるといった場合はRSウィルス感染症が疑われます。

 特に低体重出生児や、生まれながらの基礎疾患がある幼児などは重症化する危険性があり注意が必要です。

自治体によってはこういったお子さんに対して1回数万円するワクチンが

無料で打てるなどの補助があるため、ワクチン摂取を行いしっかりと予防しましょう。

 

RSウィルスの症状が悪化してくると、呼吸が浅くなるほどの激しい咳が出るようになり、

肩で息をしたり最悪呼吸困難に陥る事もあります。

乳児の場合は咳のため哺乳も困難になる為、早めの受診、治療が必要になるのです。 

RSウィルス感染症に子供や赤ちゃん乳児が感染すると入院も!注意が必要な年齢はいくつまで?

乳児はあまりにも激しい咳が続くと哺乳が出来なくなったり、SIDS(乳幼児突然死症候群)の原因にもなり得ることから、

RSウィルスに感染していると分かった時点で即入院となることが多いです。

入院後は薬の吸入などの治療が行われますが、残念ながら今現在特効薬はありません。

咳を鎮めたり、痰を切れやすくするお薬で症状の緩和を試みます。

 

特に6ヶ月未満の低月齢の赤ちゃんが感染すると最も重症化しやすいと言われてます。

RSウィルスは誰もが幼児期に感染する病気ですが、

6ヶ月未満の乳児期には感染させないようにな工夫が必要となります。

誰もが掛かる感染症であっても、小さな赤ちゃんにとってはとても危険なものになります。

6ヶ月未満の赤ちゃんは特に免疫力も弱く、苦しい事を訴えることができません。

ですから、この時期に風邪をひかせない事が最も大切です。

もし引いてしまったら症状の変化に注意し、呼吸数が増加したり、肩で息をしているようなら

夜間であってもすぐに受診するようにしましょう。

 

以前、我が子の通う保育園でもRSウィルスが流行したことがありました。

その時にお友達がRSウィルスに感染し、それが生後5ヶ月の弟くんにも感染してしまい結果2人とも入院になるという出来事がありました。

RSウィルスはよくある風邪の1つではあるのですが、重症化しやすいウィルスになりますので

お子さんが小さなうちはしっかりお子さんの症状をチェックしましょう。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ