咳が止まらない!病院は何科にいく?子供の熱はない場合はどうする?

  • LINEで送る

しつこい咳がなかなか治まらないのは辛いですよね。

こういう場合、病院に行きたくてもどの科に掛かれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

又、子供は特にちょっとした事で咳が止まらなくなる事があります。

特に寝入って直ぐ、明け方などに激しい咳が出ることが多く、

お子さん本人はもちろん看病しているお母さんも心配でよく眠れないものです。

 

もちろん風邪や気管支炎であることも多いのですが、

咳の原因は色々考えられるので病院へいくタイミングも迷ってしまいます。

熱や鼻水もなく至って元気なのに、咳だけが続くといった場合やしつこい咳が止まらないときは、

どんなタイミングでどの科を受診すれば良いのでしょうか?

Sponsored link

咳が止まらない!病院は何科にいく?

風邪などで細菌やウィルスに感染すると、鼻やのどに炎症が起こる為に粘膜からの分泌物が増えます。

その鼻水や痰といった分泌物が器官に入ったりする事で、

体がそれを排除しようとする作用が働き、咳が出る仕組みになっています。

 

風邪のウィルスは数え切れないほどたくさんあるため通常、

健康な人でも1年間に数回は風邪を引くと言われていますが、

なかなか咳が止まらないという場合、実は、風邪が治りきらないうちに

別の風邪のウィルスに感染してしまっているということもよくある話になります。

とはいえ、長引く咳は辛いものですし、風邪以外の原因が隠れているかもしれないので

症状が酷いようであれば受診した方が良いでしょう。

 

咳が止まらない場合に受診するのは呼吸器科になります。

もちろん呼吸器の専門科ですから、咳の原因をしっかり突き止めて症状に応じた治療をしてくれる可能性が高いからです。

レントゲンを撮って肺炎の有無や呼吸器系統の異常もしっかり判断してくれます。

もし近所に呼吸器科が無いという場合は、内科でもレントゲン撮影をしてくれるところが増えていますので、

事前に電話で「咳が止まらない」などの症状を説明して、診察可能か確認してみても良いでしょう。

 

子供の場合はかかり付けの小児科に掛かるのがベストです。

ただし、小児科で処方された薬を服用しても症状が改善されないという場合は、

医師と相談の上、呼吸器科や総合病院など大きな病院での受診を勧められる場合もあります。

 

咳が止まらないその症状、もしかしてマイコプラズマ肺炎かも!詳しくはこちらの記事で

Sponsored link

咳が止まらないが子供の熱はない!その場合は?

風邪の諸症状が治まっても、熱が出ず咳だけが続く場合もあります。

特に子供は呼吸器官が未発達である事もあり、少しの刺激で咳が止まらなくなることもよくある話になります。

咳の原因は風邪や細菌、ウィルスだけとは限らず、

煙草の煙や冷たい空気などにも反応して咳が誘発されるケースもあります。

 

又、近年ではハウスダストやダニ、カビなどのアレルギー物質により咳が誘発されていることも多いのです。

これは病院でアレルギー検査をすると、大抵の場合原因物質を特定できます。 

大人になってから急にアレルギーを発症するというケースも珍しくありませせんので、

なかなか咳が止まらないという場合にはアレルギーの可能性も考えられます。

 

なかにはストレスで咳が止まらなくなるという場合もあり、

友人で仕事のストレスで咳が止まらなくなり、

何ヶ月も続いた咳のせいであばら骨にヒビが入ってしまったという人がいました。

何の検査をしても咳の原因が分からないという場合は、心因性の可能性も十分ありえます。

 

夜間は大人も子供も特に咳が出やすくなります。

もし子供が咳で苦しそうなら、一度起こして座らせてあげると横隔膜が下がり呼吸が楽になります。

優しく背中をさすり、安心させる様な声掛けをしてあげるのも効果的ですよ。

 

もし呼吸数が明らかに増加している、小鼻や肩で大きく呼吸をしている、

胸やお腹が呼吸の度に大きく陥没するなどといった症状があるときは、

病状が深刻になっている可能性もあるため、例え真夜中であっても病院を受診するようにしましょう。

 

咳は大人も子供も辛いものです。 

しかし、咳自体は体から異物を排除しようとする正常な防御反応ですので決して悪いものではありません。

そのため、自分の判断で咳止めを服用したり、喉に塗布する薬を塗ったりしない方が良いでしょう。

 

まずはゆっくり体を休め、それでも咳が続くようであれば呼吸器科や小児科を受診して適切な処置、薬を処方してもらってください。

アレルギーと診断されたら、原因物質を排除するようにして、極力体に取り入れないような生活を心掛ける事が大切になってきます。

咳と上手に向き合って、辛い症状をなるべく長引かせないようにしたいですね。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ