夜中咳が止まらない子供への対処方法は?止める方法や食べ物はある?

  • LINEで送る

子供の咳は特に夜間が1番酷くなるものです。

昼間はそれ程酷くは無かったのに、寝入ったと思ったら急に激しい咳が続いて起きてしまうということはよくあります。

あまりに激しい咳が続くと、吐いてしまったり呼吸困難になってしまうのではないかと心配はつきません。

救急に駆け込むほどではないけれど、手元に処方された薬もない・・。

そんな時どの様に対処してあげたら良いのでしょうか?

普段から常備しておいた方が良いものや、家にあるもので症状を和らげてあげる方法があるのか調べてみました!

Sponsored link

咳が止まらない子供への対処法は?

どうして夜になると咳が出やすくなってしまうのでしょうか。

まず、風邪を引いているときなどは、鼻に炎症が起きているため鼻水が出やすくなります。 

日中、鼻水は重力によって自然と喉から食道、胃へと流れていくのですが、

夜横になると下には流れず喉の奥に溜まりやすくなってしまい咳が出やすくなります。

 

又、起きた状態だと横隔膜が下に下がり、肺の容量が増える為呼吸が楽になりますが、

寝ていると肺の動き自体制限されることになります。 

風邪を引いて呼吸時の負担が増えると、その差がはっきり分かるようになり咳が多くなってしまうのです。

 

このことから夜中に子供が咳き込んだ場合は、まず上体を起こしてあげる事が大切です。

椅子に座らせたり、クッションや毛布を抱いて前屈みの姿勢にさせてあげるのも良い方法です。 

乳幼児の場合は横抱きではなく縦抱きにしてあげて、背中をトントンと優しく叩いてあげましょう。

 

又、冷たい空気が器官を刺激して咳を誘発する事もあります。

特に秋から冬にかけては昼夜の寒暖差が激しい為、温度が急激に下がることで咳が出やすくなります。

特にこの季節は部屋の温度差に注意するようにしましょう。

 

Sponsored link

咳を止める方法や食べ物はある?

あまりにも酷い咳をしていると、何とか少しでも症状を和らげてあげたくなるものですよね。

そんな時、自宅でできる対処方法にはどの様なものがあるのでしょうか?

 

まず、咳にとって乾燥は大敵です。

気管支には繊毛というものがあり、そこに異物が触れると異物を押し上げようと咳が出ます。 

お部屋が乾燥していると、空気中に目に見えないちりや埃が多く飛散しますから繊毛を刺激して咳を悪化させてしまいます。

ですから、加湿器などでお部屋の湿度を保つようにしましょう。

適正湿度は40%から70%と言われています。

 

又、冷たい空気も咳を悪化させますので、温度の管理も十分に行いましょう。

普段から喉が弱いお子さんがいる場合は家庭用のネブライザー(吸入器)も発売されています。

少々高価ではありますが、頻繁に咳が出るという場合には1台あると安心できるかもしれません。

我が家では私が気管支が弱く、咳はもちろん、冬場は声が出なくなってしまうこともしばしば。

そのため私自身が吸入器は手放せないものになっています。

 

そして、私が1番おすすめする手軽な咳止め方法はヴィックスヴェポラップになります。

我が家では常に常備してあるものの一つで、子供が生後6ヶ月を過ぎた頃からお世話になっています。

ちなみに6ヶ月未満は使用不可になりますのでご注意くださいね。

ヴィックスヴェポラップは鼻詰まりなどに効果があるとされているものですが、

実は咳が続くときにも胸と背中に少量塗りこんであげるだけで子供の呼吸がだいぶ楽になるようです。

お母さんの手で優しく体を触ってあげるという事も子供を安心させる作用が働き、

咳を鎮める一因になっているかもしれないですね。

 

又、咳止めに効果があるといわれるはちみつもよく利用します。

自家製のはちみつ大根を作ったり、生姜湯にはちみつを混ぜて飲ませたりすると大分落ち着きます。

ただし、1歳以下のお子さんにははちみつを飲ませる事はできませんのでそこも注意が必要です。

 

夜間、突然の激しい咳は困りますよね。

寝られない子供を見ているのは辛いものですから、何とか緩和させてあげられないかと思うお母さんも多いでしょう。

まずは上体を起こして楽な姿勢にしてあげる。

それに加えて湿度、温度差などに注意し、ヴィックスヴェポラップやはちみつなどで様子を見て見ましょう。

それでも激しい咳が毎日続くようであれば、早めに受診して詳しい検査やお薬の処方をして貰うようにしてくださいね。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ