赤ちゃんが虫刺されで水ぶくれやしこりに腫れたら?ムヒやキンカン?

  • LINEで送る

赤ちゃんの肌は大人に比べると薄く柔らかいので、

虫に刺されるとかなりの痒みや痛みを伴って激しい炎症を起こすことがあります。

我が家の庭にも毎年夏になるとやぶ蚊が発生するのですが、

大人は全く刺されないのに子供は直ぐ刺されてしまいます。

子供は新陳代謝も活発で汗もかきやすいので蚊を呼び寄せてしまうようです。

 

しかし、たかが虫刺されと思って軽く見ていると大変な事になってしまうかもしれません。

虫刺されで気をつけたほうが良い症状とは?

又、家にある虫刺され様のお薬は使用しても大丈夫なのでしょうか?

Sponsored link

赤ちゃんが虫に刺されると水ぶくれやしこり、腫れたり場合によってはとびひにも!

虫に刺されて1番イヤなのは、あの辛い痒みですよね。

大人は掻かないように何とか我慢できますが、子供には我慢は出来ません。

日中は掻かないように見ていられても、夜間などに掻き壊してしまう事も少なくないのです。

もし、掻き壊した傷口に細菌が入り込むと炎症を起こしたり、

膿んだりして大きく腫れ上がり熱を持ったり、硬いしこりの様な状態になることもあります。

そうなると、痒みに痛みも加わって益々患部を触りたくなってしまうので、

冷たいタオルで冷やしたり、患部に直接触れられないようなシールを貼ったりして、痒みや腫れを和らげてあげましょう。

 

そして、虫刺されで1番怖いのが「とびひ」です。

とびひは黄色ブドウ球菌が傷口に感染してしまうことで起こります。

この黄色ブドウ球菌自体は誰でも鼻などに持っているありふれた菌で、

普通は害を及ぼす事はありませんが、傷口に感染することでとびひの原因になってしまいます。

 

とびひの特徴は強い痒みを伴った水ぶくれです。

この水ぶくれの中には感染力の強い浸出液が入っており、

水ぶくれを掻いた手で他の部位を触る事でどんどん全身に広がっていきます。

本人だけでなく他人にも移ることがあるので注意が必要です。

又、水ぶくれだけでなく膿みを持った膿胞が出来る事もあり、その場合はジクジクして痛みを伴う事も。

こうなる前に、1箇所でも水ぶくれがあることに気付いたら、

患部をガーゼなどで覆っていち早く受診するようにしましょう。

 

我が家の長男も虫刺されからとびひになり、下の子にはうつらないように

タオルなどの共有には十分気をつけていましたが、

感染力が強いとびひはやはり下の子にも感染しました。

二人とも顔中にとびひが拡がり一時はどうなるかと思いましたが、

抗生物質の服用と塗り薬で1週間ほどで完治しました。

万が一とびひになってしまった場合は、

シャワーで患部をきれいに洗い流すことが治りを早める方法の1つです。

ジュクジュクになった見た目は痛そうですが、痛みを感じる子は少ないようなので

幹部の菌をしっかり洗い流すためにも、膿などが残らないようにしっかりこすって洗いましょう。

Sponsored link

赤ちゃんが虫に刺されたらどうする?ムヒやキンカンは使っていい?リンデロンは?

赤ちゃんの虫刺されにはどの様なお薬を使用すれば良いのでしょうか?

もちろん炎症が酷かったり、とびひになっている場合はお医者さんで処方された薬を使用すべきですが、

そこまでの症状は無い場合は市販のお薬でも対応は可能です。

 

虫刺されのお薬と言えばムヒやキンカンが有名ですよね。

あのスーっとする感覚が大人には痒みを忘れさせてくれて心地良く感じるものですが、

赤ちゃんにとっては少々刺激が強すぎるかもしれません。

ムヒの説明書きには「固形の塗り薬の場合は3ヶ月以上、液体の場合は6ヶ月以上」という但し書きがあります。

キンカンは特に年齢制限が表示されていないようですが、

「15歳未満の使用は大人の目の届く範囲で・・」となっています。

 

いずれにせよ赤ちゃんに使用すると痛がる場合もありますので、ある程度の年齢になるまでは使用しない方が良いでしょう。

ムヒなら生後1ヶ月以上から使用できる赤ちゃん専用の

「ムヒベビー」が発売されていますので、そちらを使用するのがベターです。

 

又、家に「リンデロンVG」があれば使用しても大丈夫です。

抗生物質が配合されたステロイド剤ですので、あせもや虫刺されの掻き壊しに効果的です。

ただし少々強めのお薬ですので、長期間、広範囲に渡って使用し続けるのは止めた方がよいでしょう。

 

たかが虫刺されと思っても、赤ちゃんの場合は思わぬ症状の広がりを見せるかもしれないので侮ってはいけません。

とはいえ、夏は蚊が増えますし、どうしても涼しくなった夕方や夜お出掛けする事も多くなるので

虫に刺される可能性も高くなりますよね。

今はスプレーやミスト、シールや電池式の虫除けなど

様々な虫刺され防止対策グッズがありますので、まずは刺されない工夫をしましょう。

そして刺されてしまったときは、掻き壊して炎症やとびひを起こさないように、

市販の薬で素早く痒みを抑えてあげるようにしたいですね。

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ