ロタウィルスワクチン予防接種は必要?接種率に金額値段はいくら?

  • LINEで送る

私たちが子どものころと違い、最近では国の補助で受けることのできる予防接種がかなり増え、

生後2ヶ月を過ぎたあたりから3歳ごろまではハードな予防接種ラッシュが訪れるため、

予防接種のスケジュールをどうするか悩むママさんも多いのではないでしょうか?

また、ロタウィルスの予防接種の費用が高いため、みんなきちんと接種しているのかなど

気になる人も多いと思いますので接種率や金額費用などについて調べてみました。

Sponsored link

VPDって何?どれくらいの金額がかかるの?

まず、VPDとは予防接種で防ぐことができる

子どもの致死率や合併症、後遺症が残る率が高い病気のことになります。

ロタウィルスワクチンもVPDワクチンの中に含まれていますが、

残念ながら公費負担ではなく自己負担で摂取するワクチンとなっています。

ロタウィルスワクチンは高額なうえ、接種月齢が低く、

また接種間隔などのタイミングが難しい為、摂取すべきかどうか悩むママも多いようです。

ロタウィルスってどんな病気?

ロタウィルスとは簡単に言ってしまえば「嘔吐下痢」を引き起こすウィルス性の急性胃腸炎になります。

ほとんどの乳幼児は5才までにほぼ全員かかると言われている胃腸炎なのですが、

なぜ、ワクチンを接種してまで予防しないといけないのでしょう?

それはロタウィルスに感染した月齢が低ければ低いほど重症化しやすいからなのです。

 

症状としては激しい吐き気と嘔吐があり、脱水症状を起こす可能性が高いのです。

赤ちゃんの身体は水分が多く、脱水を起こしていてもしゃべったりできず、

ぐったりとしているだけなのでなかなか気付いてあげられないことが多いのです。

合併症として、痙攣や心筋炎を起こすこともあり、

これらの事を防ぐためワクチン接種が導入されました。

接種率があがらないのは何故?

実はロタウィルスワクチンの接種率はあまり高くありません。

なぜなら、ロタウィルスワクチンは任意接種といって、

親の自己判断で受けるか受けないか?を決定することができるワクチンだからです。

とても高額なうえに、予防接種法で定められている定期で受ける

予防接種とスケジュールを合わせるのが少し難しいからなのです。

 

そして、生ワクチンということも親にとっては不安要素の一つとなります。

ワクチン接種後、便などからウィルスが出てきてしまいますので、

オムツ変えの時などに親や幼い兄弟が感染してしまう可能性もあるのです。

そして、ロタウィスルワクチンを接種していても、

同じような症状の「ノロウィルス」は防ぐことができませんので、

家庭内で感染しないように気をつければいいと判断するママが多いのが現状です。

気になる金額は?接種時の注意点は?

ロタウィルスにかかった赤ちゃんはとても辛いですし、家族内の感染も気にしなければなりません。

保育園に通う予定があるお子さんや上に兄弟がいる赤ちゃんの場合は感染の可能性が高まるため、

いくら費用が高かろうとも予防接種は受けておいた方がメリットは大きいです。

保育園でロタウィルスに感染したお子さんの家庭で

兄弟だけでなくパパやママにも感染し、一家全滅したという話はわりと身近でよくきく話になります。

 

予防接種を受けようと思った時はかかりつけの小児科の先生に相談して、

予防接種のスケジュールをたてましょう。

ロタウィルスワクチンには2種類あり、2回接種するものと3回接種するものがあり、

それぞれ接種間隔が違います。

ですが、どちらも生後32週までには最後のワクチンを接種していることが望ましく、

定期接種のワクチンよりも早い生後6週間から、

もしくは生後2カ月からスタートする定期接種と同時に接種する必要があります。

腸閉塞が起こりにくい月齢を選ぶため、摂取できる期間が非常に短く、

タイミングを逃してしまうと抗体がつかない可能性も理解しておく必要がありますね。

 

2種類あるうちのどちらのワクチンを病院が準備しているかでもスケジュールが決まってきますので、

1ヶ月検診が終わってすぐにでもかかりつけの小児科を見つけて相談しておくのもおススメです。

また、任意のワクチンになるため病院によって金額は様々です。

我が家の子供が通う小児科での金額は3回接種のものが8000円×3回で24000円

2回接種のものの金額が12000円×2回で24000円となり

どちらを選択しても同じ金額での接種になります。

 

他の病院での金額を調べてみたところ、2回接種のもので1回、12000円~13000円前後

3回接種のもので1回7000円~9000円前後の金額設定をしているところが多く、

接種回数×金額となりますので、大体24000円~27000円程かかるケースが多いようです。

Sponsored link

予防接種はどうしても同時接種しなければダメ?

TVの報道などをみると予防接種の同時接種は

とても怖いものに感じてしまうママもいるのではないでしょうか?

ロタウィルスのワクチンを摂取しようと考えているのならば、

他の予防接種との同時接種は避けられないものと覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

何故なら、国が公費負担で摂取させてくれるワクチンの方が重要性が高いため、

病院も定期接種のワクチンを優先させるからです。

赤ちゃんの安全の為、乳幼児のほとんどがかかるロタウィルスを優先させて、

致死率や後遺症率のより高い肺炎球菌ワクチン等を後回しにしていてはそれこそ本末転倒です。

 

我が家の場合小児科で予防接種のスケジュールをたててくれないため

親がそれぞれスケジュールをたてて行くのですが、

定期接種のワクチンが増えている現状ではやはり予防接種の同時接種は避けられませんでした。

赤ちゃんのことを考えると何度も来院して予防接種をするよりも

同時接種でパッと終わらせてしまった方が負担が少ないという考えの医師も増えていますので、

パパとママで良く考えて、赤ちゃんの為によりよい選択をしてあげて下さいね♪

Sponsored link

  • LINEで送る

“ロタウィルスワクチン予防接種は必要?接種率に金額値段はいくら?” への1件のフィードバック

  1. えりママ より:

    B型肝炎予防接種と風疹などの費用お教えてください

コメントを残す

このページの先頭へ