子供の英語はいつから始める?人気の教材や勉強の教え方はどうする?

  • LINEで送る

子どもの習い事の一番人気といってもよいくらいの英語。

学生時代、英語の発音や単語を覚えることに苦労した親の立場としては

「楽しんで英語を覚えられる」と思う小さいうちから始めさせておきたいと考える人も多いのでは?

そこで、何歳ごろから英語を始めるのが良いか?

自宅学習にするのか、教室に通うのか?

多くのママさんが悩む事柄、ネイティブにしたいか、授業に重きを置くかで

対応は変わってきますので調べてまとめてみました。

Sponsored link

子供幼児の英語はいつから始めるのがベスト?

最近では幼稚園や保育園でも週に一度英語の授業などが取り入れられていることもよくあり、

家庭での英語学習については親の判断にゆだねられることが多いです。

ネイティブに育てたいのか?

学校で苦労しない程度に英語に親しみを持たせるだけで良いのか?

この2つの部分が大きな分かれ目となっているようです。

 

もしも、子どもをネイティブに育てたいなら、実は学ぶ時期はあまり関係がありません。

実際、自分自身がネイティブである人に話を聞くと、

高校生や社会人になってから英語を始めたと言う人が意外と多く、

彼らはみんな声を揃えて「学校や塾の英語の勉強は実生活ではあまり重要ではなかった」と言います。

じゃあ、どうやって英語を勉強したの?と聞くと「留学」という答えが圧倒的に多いのです!

次に「英語を話せる友達に教えてもらった」など、

「英語のみで生活する環境に身を置くこと」で英語を習得した人が多いです。

 

ネイティブの人が言うには、「母語」がしっかりしていないとどちらも中途半端になってしまうため、

まずは日本語をしっかりと話せるようになる!ということが英語習得への第一歩と言えるんだそうです。

両親が日本人の場合はまずは日本語ですね!

母語をしっかりと発音させ、理解させることが一番の重要事項と言えるようです。

その上で第二言語として英語を選択し、世界で活躍するネイティブに育てるのが最良の方法といわれています。

その為には「留学」が一番効果的なので、幼児のうちからの英語教育はあまり意味がなく、

英語に親しみを持つ程度で十分なのだそう。

 

留学時に苦労はさせたくないから幼児教育を考えているという場合は、

「母語」をしっかり話せるようにすると同時に英語も習得させないといけませんので、

毎日教室に通うことが望ましいと言えます。

親が英語が話せないのに、子どもに英語で語りかけられても会話が成立しない状態では

やはり英語力が伸びないため日々の通塾が必要となってきます。

 

学校の授業対策として英語の学習を考えているならば、

子ども自身が他者に興味を持ち始めたらいつでも始めてOK!

今、日本で人気の幼児英語教室をのぞいてみると、

まるで音楽教室かと思うほど、にぎやかで楽しそうな子どもたちを目にすることができます。

現在の日本の学校での授業は「英語は難しい」といった印象だけが残ってしまい、

英語アレルギーになってしまう子供もいるようなので、日常生活の中に英語を上手に取り入れることが大切となります。

子どもに英語を楽しんでほしい!

そう純粋に思うなら、英語教室はコミュニケーション能力を磨くことにも秀でていますので、

きっかけがあればいつ始めても楽しんで英語を学ぶことができるでしょう。

Sponsored link

人気の教材って効果あるの?ママは英語がしゃべれないんだけど・・・。

ママもパパも英語がしゃべれないからこそ、子どもに英語を勉強させたい!と思う親心、とてもよくわかります。

我が家も何度も人気キャラクターの何十万円もする英語教材に興味を持ちました。

そのたびに購入を躊躇し、安価で人気の通信教育を検討してみたりと迷走しすぎて不安でした。

結果、高い教材はそれなりに効果があるけれど、継続しなければ意味がない!ということが分かりました。

もちろん、通信教育も同じ!

 

英語の教育で一番大切なことは、ネイティブの人たちが口をそろえて言うように、

「常に英語が耳に入ってくる状態にしておくこと!」なのです。

両親が日本人の場合はそういった機会を作ることは難しいので、

日本語と同じようなペースや理解力を子どもに求めることは厳しいようです。

教材の中のDVDやCDをうまく利用して、常に家の中に楽しい英語が存在していれば

楽しく英語を習得することも可能ですので、お子さんの気に入った教材を上手に日常生活に取り入れてあげるといでしょう♪

ママが英語が話せなくても、教材の力を借りて

「英語は楽しい!」と教えてあげることはできますので、安心して取り組んで下さいね♪

 

私が住む街では小学1年生から英語教育が始まるため、

小学校に入学して英語に嫌悪感を抱かせないためにと

周囲でも英語教室に通わせたり、通信教育を行っているお子さんが非常に多いです。

どのママもネイティブに育てるというよりも、英語を身近な存在にさせるために行っている人が多く、

我が家の子供も迷走の末に、子供が大好きなしまじろうに頼って

こどもちゃれんじ English を2歳の頃から続けています。

4歳になった現在、英語がとても得意で英語をペラペラと話し出すとまではいきませんが、

下の子が何か良いことをすると「Good job!」と言って親指を立てて褒めたり、

単語によっては異様に発音が良かったりするものもあり

自分で英語を楽しんで生活の中に取り入れられているようなので、

しばらくはこのまま続けてみようと思っています。

 

わざわざお金をかけて通信教育を行わなくても、

中にはディズニーのDVDを日本語ではなく英語にして見せている家庭も多く、

英語への親しみがわくように、家庭内で出来ることから始めてみるといいでしょう!

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ