ブーツが臭い!?簡単に出来る臭いニオイを取る方法やお手入れ方法!

  • LINEで送る

最近は冬だけじゃなく季節を問わず必要となっているオシャレアイテムのブーツ。

数多く所有している人も多いのではないでしょうか?

ブーツに限らずブーティーなど足元をすっぽりと包んでしまう靴にありがちなのが臭いの悩み。

お気に入りのブーツを大切に履き続けたいと思う一方、

臭いが気になって仕方がないと言う悩みは男女共通の悩みのようです。

足元を彩るアイテムだけに臭いがするのは仕方がないけれど、何とかしたい!

そんな方の為に簡単にできるお手入れ方法を伝授しちゃいます!

Sponsored link

ブーツの臭いの元は一体なに?

しかし、あの独特の臭いの元は一体何なのでしょう?

実はブーツの臭いの原因は一言で言えば雑菌の臭いです。

その証拠に買ったばかりのブーツってあんまり臭わないと思いませんか?

何度か履き続けていくうちに臭いが気になってくるという人も多いでしょう。

 

足の裏は汗腺がたくさんあり、実は新陳代謝がとても活発な場所なのです。

元々活発な新陳代謝が蒸れて動きを止められてしまうことにより、

汗や角質などが雑菌となって繁殖してしまうのです。

もちろん、爪の間に入り込んだゴミや皮膚の汚れなども雑菌の原因です。

そんなゴミやほこりが密閉されることによって徐々に臭いがキツクなってしまうのです。

ブーツ内の雑菌を繁殖させないためには?

まずは脱いだらすぐにブーツスタンドで立てて風通しを良くしておきましょう。

脱ぎっぱなしやロングブーツを二つ折りにして置いておくなんてことは絶対にしてはいけません。

もちろん、脱いですぐにシューズボックスにしまうのも止めましょう。

足の温かさがブーツの中から消え去るまでの数時間、形を整えたまま湿気を取り除くようにしましょう。

ブーツのお手入れには10円玉と活性炭と重層ストッキングがおススメ

ブーツの臭いには消臭スプレーや香り付きのスプレー等を使用するのもよいのですが、

ブーツの素材や耐久性を考えると水分を含むスプレータイプの消臭剤はおすすめできません。

それよりも雑菌を取り除いて臭いの根本から解決する方がブーツを長い間大切に使用することができます。

100均などで販売されている”炭”をお気に入りの小袋に入れてブーツの中にポンと入れておくだけで

湿気を取り除き、雑菌の繁殖を防いでくれます。

また、同じ効果があるのが重層です。

重層の場合は袋に入れるのではなく目が細かくて伸縮性のあるストッキングなどに入れておくと

つま先まで重層を詰め込むことができますので、より効果的です。

 

また、少し枚数が必要なのが難点ですが、10円玉の銅イオンも雑菌の繁殖を防ぐ力を持っています。

この時に使用する10円玉はできるだけ多い方が良いでしょう。

少なくとも片方5枚から10枚は用意した方が効果的です。

そして、できるだけきれいに洗ったものを使用すると効果が上がります。

ただ、10円玉には湿気を取り除く効果は残念ながらなく、雑菌の繁殖を抑えるだけになるので、

炭+10円玉、重層+10円玉と、炭や重曹と10円玉を併用することでブーツの消臭効果が高くなります。

10円玉はミカンなどが入っている大きめの網目の袋に入れて使用するとブーツから取り出しやすいので便利です!

炭や重層はブーツを履く前に取りだし、シューズボックスに入れておけば

シューズボックス全体の湿気も取り除いてくれますので、一石二鳥にもなりますね♪

Sponsored link

それでもどうしても臭いが気になる!そんな時は?

重層を入れても、炭も10円玉でも効果が弱い!

やっぱり臭いが気になる!

そんな時は、足やストッキングに直接使用できる消臭スプレーを使用するように心がけましょう。

ブーツに直接スプレーをしてしまっては素材やスプレーの成分によってはシミやカビの原因になってしまいます。

大切なブーツに直接スプレーしてしまうのではなく、

いつでも洗える足やストッキング、タイツなどに香りをつけて防臭することをおススメします。

そして、重層よりも炭よりも10円玉よりもスプレーよりも大切なのは、足を常に清潔に保つこと

あまりに長く伸ばした爪にもゴミが入り込み、雑菌の原因となりますから、

適度な長さに爪を切ったり足のお手入れも怠らないようにして下さいね♪

ブーツは湿気をキチンと取り除き、丁寧にお手入れをしていれば長く履き続けられる素敵なアイテムです。

お気に入りのブーツ、正しいお手入れ方法でいつまでも大切にしたいものですね♪

Sponsored link

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ